【キャンプレポ】開放感抜群!やすらぎの森オートキャンプ場でまったりキャンプ

キャンプ・ツーリング
この記事は約10分で読めます。

長野県は標高の低いキャンプ場が少なく、日中暑くても朝晩冷え込みます。
バイクに積載できるだけの装備でキャンプが出来る期間は限られているし、いい時期いい気候を待っていたらチャンスを逃してしまう!
というわけで…梅雨真っただ中の6月に雨を楽しむキャンプに行ってきましたよ☆
向かう先は信濃町にあるやすらぎの森オートキャンプ場!

ミニふもとっぱらと噂のキャンプ場、ホント素敵なところでしたよ~♪

スポンサーリンク

やすらぎの森オートキャンプ場の場所

所在地

やすらぎの森オートキャンプ場は、長野県上水内郡信濃町にあります。
長野県でも屈指の豪雪地帯の信濃町は、夏でもとても涼しいのです。
夜になるとかなり気温が下がるので、真夏でも羽織るものがあった方が良いくらいの気候です。

ナウマンゾウで有名な野尻湖も近く、新潟との県境まで15~20分ほど…海なし県の長野県でありながらちょっと走ればおいしい海の幸が手に入る、とっても素敵な立地です。
やすらぎの森オートキャンプ場のそばを走る国道18号線を北上すれば、新鮮な魚介類の手に入る大きな道の駅あらいがあるので、少し足を延ばすのもオススメ☆

所在地:長野県上水内郡信濃町野尻1200-45
TEL: 049-287-8807

アクセス

やすらぎの森オートキャンプ場は上信越自動車道妙高高原IC信濃町ICの中間あたりに位置します。
どちらのICからも10~15分ほど好アクセスです。

キャンプ場は国道18号沿いにあるので、どちらから行っても快適にたどり着けます。
ただこの道、結構みなさんスピードを出す道なので要注意です。
ちょうどキャンプ場に入るT字路がややカーブしたところにあるので、くれぐれも運転には気を付けてくださいね。

信濃町ICから行けば、右手に野尻湖、左手にサザエさんにも出てくるナウマンゾウの親子像が迎えてくれますよ(笑)

キャンプ場入り口はこのブルーの看板が目印です。
信濃町IC方面からだと左手にあって見やすいですが、妙高高原IC方面からだと若干見づらいかもしれません。
スピードを出し過ぎて通り過ぎてしまわないように注意してくださいね♪

やすらぎの森オートキャンプ場について

時間

フリーサイト以外

  • チェックイン→13:00~日没30分前
  • チェックアウト→12:00

やすらぎの森オートキャンプ場のフリーサイトはかなり自由度が高いです。

フリーサイト

  • チェックイン→10:00~日没30分前
  • チェックアウト→日没30分前

繁忙期は時間が変わるかもしれませんが、そのあたりは直接キャンプ場に問い合わせてみてください。

料金

やすらぎの森オートキャンプ場はほとんどが車乗り入れ可能なフリーサイトです。
フリーサイトのほかには、貸し切りサイトRVパークがあります。

  • フリーサイト→2,000円~
  • 貸し切りサイト→5,000円~
  • RVパーク(AC電源付き)→2,000円~
  • 車→1,000円(1泊1台につき)
  • バイク→500円(1泊1台につき)
  • 自転車→無料

※基本料金に大人1名分含む
 人数追加は大人2500円 こども1000円 ペット500円

連泊割引あり

システム

『全てネット予約&決済とし、お客様同士やスタッフとの接触機会を極限まで無くす』
『キャンプ場利用者は、地域への感染拡大防止の為、フィジカルディスタンス(物理的な距離を置く)の考えを取り入れ、地域住民の生活圏(キャンプ場周辺のスーパーやコンビニなど)は利用しないご協力を頂く』
(出典:https://yasuragi.natureservice.jp/)

すべて事前にオンライン決済です。
当日の現金授受はありません。

キャンプ場内に売店はありません
薪の販売はあります事前予約しておかなければ販売してもらえませんので、焚き火を予定している人は忘れずに予約してください。
私は今回2束お願いしましたが、当日受付時にナラスギか選ぶことが出来ました。

信濃町にはスーパーやドラッグストアなどもありますが、キャンプ場の方針に従って現地での買い物は控えるようにしてください。

やすらぎの森オートキャンプ場のサイト


(出典:https://yasuragi.natureservice.jp/)

フリーサイト

やすらぎの森オートキャンプ場のメインのサイトです!
東京ドーム1.8倍の広さらしいですが…よく東京ドーム2個分とか表現を聞くけれど、正直私はあんまりピンときません(笑)

なんといっても開放感バツグン
天気が良ければ、妙高山と黒姫山が良く見えます。

地面は草地で、芝ではありません。
きっと繁忙期には草刈もされるんでしょうが、私が行ったときはまだシーズン前ということもあり、結構伸び放題でした(笑)

フリーサイトの水はけはあまりよくありません

私が行ったのは梅雨真っただ中の6月。
キャンプ場に着く前に土砂降りにあったり、設営後もシトシト降ったり夜は夜で雷と土砂降りだったりと、けっこう雨に好かれました。
おかげでフリーサイト内は草地が水たまりと化していました(笑)

RVパークに寄ったやや端の方は比較的水はけが良さそうでした。
フリーサイト中央部分はかなりびちゃびちゃとした感じでしたので、設営場所も考えた方が良いかもしれないですね。

ちなみにRVパークは隣接しているとはいえ入口付近のRVパーク以外は高台になっているのでわかりやすいです。

ペグはすごく打ちやすかったです。
かといって柔らかすぎて抜けやすいこともなく、しっかり入って抜けにくい感じでした。
到着した当初風があったので心配したんですが、あおられてペグが抜けるようなことはなかったです。

RVパーク

  • RVパーク フルフックアップ→6,000円~
  • プレミアサイト→15,000円~
  • ワイルドサイト13,000円~
  • フォレストサイト12,000円~
  • ロンリーサイト5,000円~

別途入場料が必要

炊事場・トイレ・ゴミステーションが近くて便利なRVパーク、フリーWi-Fiも使えます。

やすらぎの森オートキャンプ場の施設案内

トイレ

トイレは2か所、RVパーク内と入り口付近のダンプステーションにあります。

どちらも水洗トイレです。

炊事場

炊事場も2か所あり、場所はトイレの近くです。
フリーサイト内の炊事場は、夜は感知式のライトが付くようになっていました。
日が暮れても炊事場が使いやすくなっています。

ゴミステーション

分別すればゴミは捨てられます。
特に指定の袋や料金はありません。

野生動物が豊富な地域です。
ゴミステーションの蓋は閉め忘れがないように、十分に気を付けてください!

夜寝るときも食材食べ残し外に放置して寝るのは危険です。
匂いが出ないように密閉した状態で保管するようにしてください。

本日のキャンプ飯は…

晩ごはん

ソロキャンプに行くようになってキャンプでのご飯の向き合い方が変わりました(笑)
日常生活でもともとインスタントや出来合いのものを使わない生活をしていたので知らなかったんですが、世の中には便利なものがたくさんあるんですね!

デュオと違って自分で持って行くものがキャンプでのすべてになるソロキャンで、ただでさえ荷物が多い私が減らすことが出来るところなんて食材しかありませんでした。
いかに軽くいかにコンパクトになるか…?
かといって、インスタントラーメンは絶対に嫌!
せっかくキャンプに来てるんだから、それなりに作って料理も楽しみたい!

晩御飯

  • ミネストローネ
  • 鶏肉のソテー レモンバターソース
  • 付け合わせはスナップエンドウ
  • ポテトサラダ

ミネストローネに使ったのは、この商品です。

缶詰にしたらゴミがかさばるし缶切り持って行かないとだしな…と思っていたら、今は紙パックなんてものが!
半分は夜使って、残り半分は明日の朝使うことに☆

ポテトサラダはマッシュポテトの素で作りました♪
ホントに、これは画期的!
なんで今までこんな便利なものを知らなかったんだろうって感じです(笑)

朝ごはん

朝はリゾットにしました。
前回の教訓を得て、お米の量を増やして水分を減らして腹持ちが良くなるように工夫しました(笑)

昨日の残りのトマトパック家から持ってきたお米で見事リゾットの完成
コーンスープはお湯を注いだら出来るやつを…。

キャンプ場の方針もあったのでキャンプ場近辺のスーパーは利用しないで、食材は家から持っていきました。
食材と言ってもパウチになっていたり乾燥していたりと、ずいぶんコンパクトに…☆
いつもなら荷物がパンパンで大変な積載も、シートバッグにゆとりがあるキャンプになりましたよ♪

やすらぎの森オートキャンプ場でのオススメの過ごし方は?

梅雨キャンプ

今回私がやすらぎの森オートキャンプ場を訪れたのは、梅雨真っただ中6月でした。
天気予報は傘マークがついていない日がない状態…。
それでも、設営と撤収の時さえ降っていなければなんとかなるかな♪と思って出かけました。

着く直前に土砂降りにあったものの、キャンプ場に着いたらひとまず小康状態…。
その小康状態の合間に設営をして水を汲みに行って帰ってきたら、そのあとは小雨になったり土砂降りになったり雷がなったりする、がっつり雨キャンプになりましたが…。
やすらぎの森オートキャンプ場はもともと特に娯楽になるようなものもなくまったりキャンプを楽しむ場所なので全然問題ナシ☆
むしろ、テントやタープに落ちる雨の音を聞きながら思う存分に焚き火をした、とっても素敵なキャンプ時間が楽しめました。

静かな時間を楽しむ

本格的なシーズン前ということもあり、週末だけれどもお客様は私のほかは

  • ソロキャンの男性1人
  • ファミキャン2組
  • 父と娘のデュオキャン1組

子どもさんは走り回っていたけれど、さすがに本降りになってくるとみなさんサイトで静かに過ごされていました。
静かにまったりした時間は普段の生活ではなかなかとれないので、すご~く癒されました。

売店があってかゆいところに手が届くキャンプ場ではないけれど、広いサイトでのんびりと過ごすことのできるやすらぎの森オートキャンプ場は、お気に入りのキャンプ場になりましたよ♪

まとめ

自然を楽しむのにはうってつけのやすらぎの森オートキャンプ場、アクセスがバツグンに良くて景色も最高!
どちらかというとみんなでワイワイ楽しむキャンプ場ではないかもしれないけれど、大人も子どもも自然を満喫できるキャンプ場です。
真夏でも涼しく過ごせるやすらぎの森オートキャンプ場に、行ってみませんか?

やすらぎの森オートキャンプ場の場所

  • 所在地:長野県上水内郡信濃町野尻1200-45
  • TEL: 049-287-8807

やすらぎの森オートキャンプ場について

料金

  • フリーサイト→2,000円~
  • 貸し切りサイト→5,000円~
  • RVパーク(AC電源付き)→2,000円~
  • 車→1,000円(1泊1台につき)
  • バイク→500円(1泊1台につき)
  • 自転車→無料

※基本料金に大人1名分含む
 人数追加は大人2500円 こども1000円 ペット500円

連泊割引あり

フリーサイト以外

  • チェックイン→13:00~日没30分前
  • チェックアウト→12:00

フリーサイト

  • チェックイン→10:00~日没30分前
  • チェックアウト→日没30分前

【GREED ISLAND】

タイトルとURLをコピーしました