【人生は行動力がつくる】ポジティブに生きて思う人生をつかみ取る方法

しあわせな人生
この記事は約8分で読めます。
ハリネズミは現在、生まれ育った兵庫県を飛び出して長野県で生活しています。
ある日思い立って移住決断した時周囲の人には「自由だな」と言われましたし、移住先で出会った人は一様に「すごい行動力だね」と言ってくれました。

私としてはそんなに意識した行動ではなかったのだけれど、こういう大きなことって行動力がないと出来ないのかもしれないですね。

でも行動力って、
例えば脱サラして起業するとか、
私が移住してきたようなこととか、
転職して今まで未経験の世界に飛び込むとか、
そういう大きなことが出来る力だけではないんですよね。

スポンサーリンク

人生は行動力がつくる

行動力とは

そもそも、行動力ってなんでしょう?
行動力とは「自らの意思で積極的に行動を起こせる能力のこと」だそうです。

そう、事の大小は関係ないんですよ。
自分の意思で行動を起こせるか起こせないか、それだけなんです。
今日仕事帰りにコンビニでお菓子買って帰ろうと思って、実行するのが行動力なんですよね。

そんなこと常にやってるって思いませんか?
誰しも小さなことから行動を起こしているんです。
それが大きくなっていったときにどうなのかな?
大きなことをしちゃった人に対して行動力があるなと思うわけですね。

大きなことをすることが行動力じゃない

そう、なのでここで声を大にして言いたい。

大きなことをすることが行動力じゃないんです

小さなことの積み重ねです。
自分がやろうと思ったことややりたいなと思ったことに対して、実際に行動を起こせるかどうか、ただそれだけなんですよね。

だから、行動力がない人なんて本当はいないはずなんです。
だって朝布団から出るのだって、自分の意思で起きようと思ったからでしょう?

動くことこそが行動力

そう、実際に動くことが行動力ですね。

じゃあなんで行動力がある人とない人という認識に別れちゃうんだと思いますか?
不思議ですよねぇ。

ちょっと興味があっても始めるには躊躇してしまったり、不安が先だってしまって動けないことって多くないですか?

動いてみたら実は案外スムーズに事は運んだりするんだけれど、動く前って結構いろいろ考えてしまいます。
こんなトラブルが起きるかも、こうなったらどうしようとか思っちゃうんですよね。
そしてそれが、動くきっかけを失ってしまう原因なんです。

興味を持った時がはじめどき

好奇心を持とう

興味のあることって、ちょっとわくわくしませんか?
まだ始めていなくても、ちょっと興味があって調べ物をしているときって、無限の可能性が広がっていて楽しいですよね。

私はバイクに乗るんですが、バイクにキャンプ道具を積んでキャンプツーリングというものにデビューしちゃいました。

キャンプ経験というものが人生で今まで全くなかったんですよ。
でもキャンプやってみたかったんですよね。
小さいころから家族でキャンプに行く家庭が羨ましかったのもあります。

でも、それまできっかけがなくてしたことがなかったんです。
ちょうど20代の頃に一旦降りてしまったバイクにまた乗り出した頃に、ツーリングだけじゃなくキャンプも楽しんでみたい!と思ったんです。

それからがもう楽しいの連続です。。
バイクって運べる荷物に制限があるんですよね。
車と違ってたくさん積み込めないし、重くなりすぎると運転も難しくなっちゃうし。

なので軽量かつコンパクト、それでいて心をくすぐるギア選びにすごく時間をかけました。
下調べの時は何もかもが楽しかったです。

そうやって好奇心を持つと、今度はいろんな情報が飛び込んでくるんです。
飛び込んできたその情報を頼りに、次に進んじゃうんですね!

向上心を持とう

好奇心ともうひとつ大切なこと、それが向上心です。
辞書で調べると「自分で目標を設定し、目標達成に向かって邁進(まいしん)し尽力する心のこと」と書いてありましたよ。

そうそう、目標を設定しないといけませんよね。
私のキャンプツーリングデビューでいうと、目標は「バイクでキャンプに行こう!」ですね。

目標がないと、行く先が決まらないですもんね。
目標が決まったら次にするのは、それを達成する為に考えることと動くことです。

よりよいキャンプライフを楽しむためのギア選びも、多分ここに入ります。
移住してきたときのことを思うと、仕事を探したり家を探したりがこれにあたりますね。

こうありたいという理想像を実現するために、考えて動くことが大事です

実際に一歩踏み出そう

そうやっていろいろと計画を練ったらあとは動くだけ!

だけど、この動くが曲者ですよね。
どんなに興味があることでもかなり躊躇してしまいます。

ちなみに私がキャンプすることに対して躊躇したのは
1番は夜中のトイレ問題でした。
2番目は虫です。

夜、怖いんですよね…自分の家でもひとりでトイレに行くの嫌なのに、屋外でましてや真っ暗ななかトイレになんて怖くて行けない

思っていたけれど、とにかく悩むより行ってみよう!と一歩踏み出してみたんです。
そうするとね、意外に行けたんですよ、怖いですけど
不安に感じていることも、想像すると妄想が暴走して余計に不安に感じてしまう場合もあります。

ここは頭で考えるよりもまずは一歩、踏み出してみてはどうですか?
先のことはそれから考えてもいいかもしれないですよ。

思考は常にポジティブに

やらない理由を探さない

これやってみたいなと思ったときに、まず浮かぶのはやらない(できない)理由探しです。
仕事が忙しいから無理とか、家族が反対するからやめておこうとか…。

やらない理由なんて、いくらでも見つけられるんですよ。
不思議ですよね。

うまくいかない理由や不安も、不思議なくらい出てくるんです。
人間の脳って、だから本当に面白いと思います。

スタートラインにたってみても、やらない理由をみつけて一歩を踏み出さないままだとなにも始まりません

やらない理由を探すより、実際に行動して楽しい自分を想像してみませんか?
いつでもポジティブ思考でいることって、幸せな人生を歩くのに大切なことですよ。

選択したことは全部正解

人生でいろんな場面でいろんなことを選択してきたと思います。
今までもそうだろうけれど、きっとこれからもたくさんそんな場面に出会うと思います。
大きな決断を伴うこともあるだろうし、本当に何気なく選択しちゃうような小さな決断もたくさんあります。

どんな場面で選択したどの道も、自分にとって正解なんだと思っていると良いですよ。

あの時こうしてれば良かったとか、あの時あれをしなければよかったとか、思っても仕方がないのです。
だって時間は戻らないもの
だったら自分の選択を肯定してあげた方が、自分にとって良くないですか?

どんな選択をしたとしても間違いがないと思ったら、どんな選択肢も選びやすくないですか?
そのとき選ぶものが自分の人生で最良の選択肢だとしたら、いつも自信を持って、選べませんか?

悩むより動け

石橋を叩いて渡るといいますが、渡る前に叩くのは良いことですよね。
でも中には、叩きすぎて叩き潰しちゃう人もいます。

いや、それは…勿体ないね。と私は思うんですよ。
せっかくチャンスがあるんだから飛び込んでみるのもいいかもよ?って。

悩んで行動を起こさないままだと、確かに日々平穏に過ぎていきますよね。
でもその日々平穏だと思っていた毎日は、日々平凡にこれから先も続いてはいかないかもしれません。

人生、どこでなにが起こるかわからないものです。
やらずに後悔するよりやって後悔する方がいいというのは、私が学生時代から思ってきたことですが…。

本当にね、経験は宝物です。
無駄なことなんてひとつもありません

そもそも選んだ道は全部正解だから、失敗っていうことがないんです。
でもまぁ、ちょっとこの道はなかなかハードな道だったな…と思うことはありますけどね。

とにかく、悩んでいるより実際に動いてみて、そのレスポンスをみてまた考えるというのは良いと思いますよ。

まとめ

人生はまさに行動力がつくるものです。
そもそも行動力というのは、なにも大きなことをすることだけじゃないんです。
実際に動いてみることこそが行動力と言えます。

なんでも、興味を持った時がはじめどきです。
なので、日々好奇心を持って生活してみてください。
そして、常に向上心を持って過ごすと良いですよ。

実際に一歩踏み出してみて、そこから考えるという方法もあります。

思考は常にポジティブにしていくのが◎。
ポジティブっていっても、常に前向きな言葉を出し続けることや前向きな行動を起こすことだけじゃないんです。
やらない理由を探すということはネガティブなことなので、それをしないだけでもポジティブ思考ですね。

そして大切なことは、自分が選択したことは全部正解だと思うこと。
間違いや失敗なんて、ないんです。

だから、自信を持って進んでほしい。
悩んでいる時間がもったいないので、考えるだけ考えたら実際に動いてみてください。

この記事を読むことで行動力を身に着けて、幸せな人生を送るきっかけになればと思います。


ココナラ占い

タイトルとURLをコピーしました