【本当に結婚したいのか】を知るために婚活してみるのも悪くない

恋愛・結婚
この記事は約6分で読めます。

結婚、出産、転職…
人生には様々な岐路があります。

家族や、仲の良い友達が結婚や出産で人生が変わっていくのを目の当たりにして、自分自身は何も変わらないのに…と不安になることはありませんか?

結婚に実感がわかなくても、それでもいつかは自分も結婚して出産して当たり前のように人生を送って行くんだろうな…
そう思っていても周囲の状況が目まぐるしく変わっていけば、どこか自分が置き去りにされているような気分になるかもしれません。

そんな時こそ自分の未来を自分でどう思っているのか、もう一度見つめ直してみませんか?


あなただけの専任担当制!パートナーエージェント

スポンサーリンク

そもそも私は結婚したいの?

小さいころから、
〇歳までには結婚したい!
〇歳までには子供を産みたい!
そんな風に明確に思えている人もいるかもしれません。

ですが、すべての人がそういうわけではないのです。

今は特別結婚願望はないけれど、いつかは当たり前のように結婚して出産するんだろうな…。
そんな風に思っていても、兄弟や仲の良い友達が結婚することになることを聞けば、私は結婚出来るんだろうか?と不安になる日もあります。

私は本当に結婚したいの?

不安になる気持ちをひとまず置いて、改めて自分自身に問いかけてみてはどうですか?

煮え切らない彼、先の見えない私

彼が居ても煮え切らない

もう付き合って長い彼がいるのに、一向に結婚の話が進まない。
そもそも、彼は何を考えているの?
プロポーズはいつしてくれるの?

直接彼に聞いても良いけれど、それを口にするとどういう反応が返ってくるか不安ですよね。
実際結婚を考えて付き合っている人なのか、ただ彼と彼女という状況が楽しくて一緒にいるだけなのか…。
それだけでも未来への関係性は大きく変わってきます

そんなときは、他愛もない会話の中に将来の話を少しだけ織り交ぜてみるのもアリかも。
「子供は何人欲しいね~!」
「将来はこういう家に住みたいね!」

なんとなく彼に自分との未来を想像してもらえるようにするんです。
決して結論を迫ることなくさりげなく
日常の中にそんな会話を織り交ぜてみると、なんとなく彼が自分との未来を想像してくれるようになります。
それが最初に一歩になるんです。

自分が進むべき方向を決める

今の仕事はどうですか?
やりがいを感じていますか?
結婚して出産しても続けたいもしくは、続けられる仕事ですか?

結婚している自分の姿が想像出来ますか?

不安な気持ちはどこから来ているんだろう。
そう思ったことはありませんか?
両親や兄弟、周りの友人たちに言われるから、なんとなく結婚しなきゃいけないような気持ちになっていませんか?

明確なビジョンがないままに周りに流されるような気がしたり、結婚ということになんとなく違和感を覚えるなら「結婚する」ということに少し向き合ってみることが必要かもしれません。

私は本当に結婚したいんだろうか?
私の人生に、結婚は本当に必要だろうか?

迷っているときは動いてみよう!

結婚願望を確認する為に婚活する

今すぐにでも結婚したい!
そう思えたなら、時間を有意義に使うために今すぐにでも婚活を始めるべきです。
だって結婚したいって気持ちは明確なんだもの。
ゴールに向かって突き進まなきゃ!(結婚がゴールかという問題は今は置いておきましょう)

でも、今は結婚したいかわからない。
結婚したいのかしたくないのか、それがわからない。
そう感じているのなら、結婚したいかしたくないかを確認するために婚活するという道もあります。

だって考えているだけじゃ、きっと答えは出ないから。
待っていても答えが出ないから、自分で答えをもぎ取りに行くんです。

婚活することによって、得られる何かがあるかもしれません。
婚活してみたら、やっぱり結婚は自分の人生には必要ないものだと感じるかもしれないし、自分は結婚したかったんだと気づくことがあるかもしれない。

それを知るには、まず行動してみることがイチバンです。

婚活サイトに登録してみて、実際に会ってみるのも良し。


婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

もう少し手軽に、街コンや婚活イベントに参加してみるのも良いかもしれません。


恋するように、自然に出会う恋活・婚活イベント『ゼクシィ縁結びイベント』

明確なビジョンを確立する為に動く

実際に婚活に一歩踏み出してみてどう感じましたか?

婚活中に出会った男性と話をしてみると、意外に温度差を感じるかもしれない。
話していると「うんうん、そういう未来いいよね」って思えるかもしれない。
実際に動いてみたから感じることって大切です。

動いてみて感じたことが、人生では大きな意味があります。
実際に動いてみて未来のビジョンはどう変わりましたか?
より具体的に未来を思い浮かべることが出来たなら、もう迷わず未来に向かって歩き出せるはずです。

自分の進むべき方向は?

結婚が「人生の全て」ではない

ぶっちゃけちゃうと、ハリネズミは結婚が人生の全てじゃないと思っています。

いつか結婚するんだろうなと思いながら過ごしてきたけれど今のところそのいつかは来ていないし、そもそも誰かと一緒にいなければ生きていけない!なんて思ったこともない。
結婚してからの方が煩わしいことの方が多いということを知っているから、別にしなくてもいいならしなくてもいいかくらいに考えています。

だけど、結婚したいんだ!と明確に思えている人は間違いなく結婚すべきです。
だって結婚生活で得られるものって、本当に本当にかけがえのない大切なものばっかり!

ただこれは忘れないでいて欲しいのですけれど、結婚はゴールではなくふたりの人生のスタートです。
ひとりで生きていくのとはまた違ったしがらみと苦労が待ち受けています

彼氏と彼女という状態であれば、ふたりの間に起きることはふたりだけの問題です。
でも結婚したら、途端にふたりだけの問題では済まなくなってきます。
お互いに両親がいて、お互いに家族があるのです。
それも、育った環境も価値観も全く異なる人間たちです。

結婚するということは、そのしがらみのなかに飛び込むということです。
甘い夢ばかりを見ていると、現実はこうではないんだということの連続になります。

そんなしがらみを、多少の面倒くささを覚えながらも越えていけるのか、耐え切れずに別の道を選ぶのか、はたまた最初からしがらみを背負わずに生きていくのか。

彼との関係を続けていきながら、結婚という形をとらないカップルも居ます。
ひとりで生きていくという選択肢を選ぶ人もいます。
本当に人それぞれ。
何が正解かなんてありません。

大切なのは、自分の人生を自分の責任で選択し進んでいくということです。

未来への明確なビジョンを持とう

まずは自分自身がどう生きていきたいか
イチバン大切なことはこれです。

その中で彼との人生をどうするのか?
結婚し家庭を築き子供を産んでその先を進むのか?
キャリアを優先させてあえて結婚という選択肢を選ばずに生きていくのか?

でも結婚している人はいつかは結婚相手が面倒になり、相手が不在の人たちをうらやましく思うようになるんですよ。
ハリネズミは結婚している友人や職場の人たちに本当によく言われました。
いいよね、ひとりは楽で
言われるたびに色々と思うところはあったんですけれど…まぁそれは別のお話。

自分が将来そう思うといわれても、やっぱり結婚したいですか?
それとも、結婚に縛られない人生を歩みますか?
どんな道を選ぶとしても、決めるのは自分だけ
自分自身が後悔しない道を歩んでほしいと思います。


オーネット

タイトルとURLをコピーしました