将来に不安を感じたら結婚を考えるタイミング?!【30代独身女性の複雑な心境】

恋愛・結婚
この記事は約7分で読めます。

「おひとりさま」という言葉がはやったのはもう何年も前ですが、流行った当時に30代が間近に迫っていた私は「おひとりさま」生活を楽しみながらも、やっぱり将来に対する不安はいっぱいありました。

そもそも我が家は母しかいないので、母は母でいつまでも一人で生活している私のことを早い段階からかなり心配していて、「早く結婚を」と言い続けていました。
母も、言うたびに喧嘩になるのでいつしか言わなくなってきた頃でした。

周りの友達が結婚して出産して、だんだん話があわなくなっていって、時間的にもあわなくなってきて少しずつ友達との距離も出来てきていきます。
それでもひとりはひとりなりに楽しかったのですが、でも当時の私は今とは全然違う不安に捕らわれていました。

今となってはどうにかなるさくらいに考えられるようになったけれど、30代にさしかかる独身の女の子はちょっぴり不安だろうなと振り返ってみて思います。

スポンサーリンク

漠然と不安に感じる

毎日は楽しい

30代って、すごくした年代だと思うんです。
仕事も充実していて趣味も確立してきて楽しい毎日を過ごせる年代です。
金銭的にも20代の頃より余裕が出てきて、自分のために使う時間もお金も出来てくる頃です。

結婚して子育てが始まる友達が増えてくるけれど、彼女たちを見ていれば大変そうなのが目に入ります。
結婚出来て幸せそうで少しだけ羨ましい気持ちもあるけれど、自分にかける時間もお金もあんまりなさそうで大変だなぁと感じていました。
家庭を持たない分大変さが少ない気がして…でも今は自分のことだけしていればいいからそれはそれで幸せだなぁなんてぼんやりと感じる日々でした。

毎日、楽しい。
毎日はすごく楽しい。
でも、どこか不安に感じる…そんな日々だったなと今思い返してみれば感じます。

この先もひとりで生きて行くのか?

ひとりで生活していくって、結構気が楽なんですよね。
自分のことは自分でしないといけないから大変だとはいえ、誰かと一緒に生活していると今お風呂に入りたいと思っても入れなかったり、トイレに行きたいと思ってもタイミングが悪くて行けなかったりしませんか?

今日はご飯作るの面倒だなと思ったら、ひとりだと作らなくてもいいかと我慢すればいいけれど、誰かと一緒に居るとそんなことは言ってられません。

自分の時間は全部自分の思うとおりになるので、自分の段取り通りの生活が出来る
それって、結構幸せなことなんだと思うんですよね。

ただ…今はよくてもこの先は…??
ふと、不安に思う瞬間が訪れたりしますよね。
それも決まって夜だったりするから困りもの…。


ナナイロウエディング

誰かと生きるのもいいかもしれない

そんな時にふと、誰かと一緒にいるとそんな不安はなくなるのかな?と思います。

私も、当時よく思いました。
誰かが一緒に居てくれたら、絶対この不安はないのになって。
だから、そういう意味では結婚して子育て奮闘中の友達がすごく羨ましい時期がありました。
大変なんだろうけど、ひとりじゃないのはいいなぁと思っていたのを覚えています。

誰かと生きるのもいいかもって思ったときは、気持ちにゆだねて行動してみるのもアリかもしれませんよ?


悩むぅ…(´Д`)
そんな時⇒Click

将来のことを考えると不安しかない

働ける間はいいけどその先は?

朝ちゃんと目が覚めて家の掃除やお弁当を作って準備して、さぁ仕事に行こう!と働きにいける間はいいけれど…、

いつか、働けなくなる時がくるよね…と将来のことを考えると不安になりました。
年齢的に雇ってもらえなくなったり、病気で仕事を辞めないといけない状況になるかもしれない。
きちんと毎日働きに行ける間は収入が途絶えることはそうないけれど、
自分が働けなくなった時、生活はどうなるの?
とにかく不安なのは自分の生活が今まで通り送れなくなるかもしれない未来のことでした。

住む家は大丈夫?

いちばん大きな問題は、住む家問題です。
当面は収入があるから家賃を払って生活して行けるので心配はないです。
でも収入がなくなったときや家賃が払えなくなったとき、住む家を失ってしまったら私はどうすればいいんだろう?と、本当によく悩みました。

中古の家を購入しておくかと真剣に考えたのも、この時期です。
結局購入することなく、賃貸の家に住み続けています。

我が家は母も賃貸のマンション暮らしなので、家賃が払えなくなっても住む家があるとは言えない状況だったので、私にとっては住む家問題はかなり大きな割合を占めていました。

自分が動けなくなった時

大きな病気をして収入が激減したとき、かけている保険で少しだけそのあたりをカバーできるように手厚めの保険に加入したのもたしか30代に入った頃だったように記憶しています。

いつまでも健康で居られたら問題はないけれど、私の場合いろいろと不安に思う病気のことがあったので、自分が働けなくなった時のことを思うともう絶望的な未来しか見えなかったんですよね。

不安を解消する為に婚活する

誰かがいると安心する

心細くなってくると、やっぱり人はひとりで生きて行くより誰かと生きて行く方が幸せなんだという結論に達しました。
ひとりでは不安でも、不安を分かち合ってくれる誰かの存在はとても大きいですよね。
だから、一緒に生きていける誰か探しのために婚活するのは素敵なことだと思います。

婚活の理由はひとそれぞれ。
一緒に生きていける人探しというのはとても前向きだと思うので、そう思えるのであれば是非行動に移してほしいですね。


あなただけの専任担当制!パートナーエージェント

精神的にも社会的にも支えあって生きる幸せ

ひとりで生きている間には絶対にわからないことなんだろうなと感じていますが、精神的社会的に一緒に生きていける相手のいる状態ってすごく素敵です!

もちろん、ひとりで生きていない分わずらわしいことはすごく増えるとは思うんです。
結婚という選択肢を選んだら、ふたりだけの問題ではなくなってしまうのは煩わしいと感じてしまうかもしれません。

それでも、誰かと支えあって生きていける幸せを選ぶかなと気持ちが傾いているのなら、その選択肢を選ぶべきだと思いますよ。
不安や悲しいこと苦しいことを分かち合える分、楽しいこと嬉しいことを一緒に共有できるという存在が家にいるということは、本当に幸せなことだと思うんですよね。

支えてくれる人がいるから頑張れる

ひとりだと、自分のために自分で頑張って自分のために自分を支えて、生きて行かないといけませんよね。
ひとり何役もこなしながら生活するのは、時には疲れを感じることもあると思います。

その分実際に何が出来るかなにかしてくれるかは別問題にして、支えていきたいと思ってくれる人と一緒に生活していけるということは、間違いなく幸せだと思います。

まとめ

不安はあげていけばキリがないんです。
でもその不安と向き合うことで、自分の望む未来が見えるかもしれません。
当時の私はひとり生活を続けることを選んだけれど、それは常に将来への不安との闘いの日々でした。

周りの友達がみんな幸せそうに見えちゃうんですよね。

でも、私は自分の選択を後悔はしていないし、今もその気持ちは変わっていません。

将来のことを考えたとき、ひとりではない生活が少しでもよぎったのなら婚活に向けて一歩踏み出す時がきているのかもしれないですよ。
今回はそんなことを考えたとき、婚活についても向き合っても良い時期なのかもしれないということをお送りしました。

  • 漠然と不安に感じる日々
  • 毎日は楽しいけれどこの先も一人で生きて行くのか?という不安
  • 誰かと生きるのもいいかもしれないと少しでも思ったら
  • 将来のことを考えると不安しかない
  • 働ける間はいいけどその先はどうすれば?
  • 住む家は大丈夫なんだろうか?
  • 自分が動けなくなった時にどうしていくか
  • 不安を解消する為に婚活する
  • 誰かがいると安心する
  • 精神的にも社会的にも支えあって生きる幸せ
  • 支えてくれる人がいるから頑張れる

素敵な未来を掴んで、幸せに生きて行ってくださいね。


【キャリ婚】

タイトルとURLをコピーしました